メインイメージ

会社名について

株式会社設立時に会社の名前の付け方の良い方法について

現在では資本金制度などが撤廃されていることもあって、比較的簡単に会社を作ることができるようになりました。例えば株式会社設立を行う方の場合では、古い時代では1000万円もの資本金が必要とされていた時期もありますが、現在では基本的には1円の資本金であっても十分に開業することが可能とされています。

しかし、会社を登記する際には所定の費用が必要になり、同時に煩雑な手続きも必要としています。この点に関しては、格安で代行手続きを引き受けている事務所などが存在しているために、インターネット上で調査した上で株式会社設立に役立てることがおすすめになります。
その一方で、株式会社設立を行う際には、会社の名前を付けることも大切な内容となります。

おすすめになる名前の付け方に関しては、一定のルールというものが用意されているために、まずは確認することが必要とされています。現在では名前の付け方として利用することのできる文字には、平仮名や漢字、アルファベットやアラビア数字などが基本とされていて、他の言語などを株式会社設立として使用することはできないルールになっています。

また、株式会社の場合では、名前の中に必ず株式会社という文字を含めることも必要とされていて、会社名の前に付ける方法と、名前の後ろに付ける方法の2種類に分けることができます。また、法律上の問題として、会社名に使用することが禁止されている語句も用意されているために注意が必要です。

代表的なものとしては銀行などが相当し、混同されることが無いように配慮することが必要になります。
類似商号規制と呼ばれているものが以前は存在していたために、実在している会社名などを利用することが困難な時代がありましたが、現在では比較的自由に設定することが認められているために、同一の住所で存在している企業名以外ならば、基本的には使用することが認められています。

その一方で、あまりに有名な企業と同じ名称を付けた場合では、不正競争防止法に抵触してしまうケースもあるために、株式会社設立時には慎重に選択することも必要とされています。

基本的には自由な名称を利用することが可能にはなりますが、おすすめになることとしては、誰でも分かりやすく、印象に残る名前、さらにインターネットなどでもSEO対策を意識した名前を用意することによって、スムーズに事業展開を行うことも可能になります。特にアルファベットを利用している企業名の場合では、サイト上でもカタカナ表記を記載しておくこともおすすめになります。

Copyright© 2014会社設立の費用対策、融資対策などお金について考える All Rights Reserved.